設計監理業務費

基本的には「平成22年国土交通省告示第15号」に基づき算定しますが、個人住宅等小規模なものに関しては計画時に予想される建設費の12%(確認申請費、構造設計費は別途)です。尚、特に規模が小さい場合は220万円を最低業務費用とさせていただいております。

間取り作成などの初期プラン、ボリュームチェックはどうしても予備調査が必要なので、5万円をお支払い頂いた上で作成し、業務費本契約時には設計監理費よりその分値引きさせていただきます。

お支払いについては、基本計画時(5万円)、本契約時(20%-5万円)、実施設計終了時(50%)、竣工時(30%)の3回に分割してお支払いいただいております。

いずれも、個々のケースでそれぞれのお客様の事情にあわせて変更することも可能なので、どうぞお気軽にご相談ください。

Page Top